占い芸人、本を出す

占い芸人、本を出すまとめ
占い芸人、本を出す
2021年6月にスタートした占い芸人・ますかた一真さんによる出版日記。紆余曲折を経て、無事に本が出版されました。改めて、ますかたさんのこれまでの出版日記を振り返ってみましょう。

#1 はじめての打ち合わせ

本の出版オファーに半信半疑な思いを抱きながらも、打ち合わせに臨んだますかたさん。打ち合わせを通して、お笑い芸人や占い師として、そして「本を出す」ことに対しての“プライド”についても考えたようです。

#1を読む

#2 知られていない人間が本を出すということ

はじめて本を執筆するにあたり、「ぼくが書く意味とは何なのか?」と悩んでいたますかたさん。そんな中、あるイベントで“ダメ出し”をされたことが指針になったといいます。

#2を読む

#3 お笑いライブが本のヒントに?

「占いの本を出す人間の中で恐らく1番占いの本を読んでいない自負がある」というますかたさんは、どんなことを書けばいいのか迷うばかり。しかし、お笑いライブを終えた帰り道、ついに方向性が決まります。

#3を読む

#4 本の制作は原稿執筆だけじゃない

本を書き進めていたますかたさんが知ったのは、本の出版には執筆以外のさまざまな必要工程があること。「本を作るには多くの人の手が必要」と改めて感じたそうです。

#4を読む

#5 お客様の力を借りながら未来へ

本の執筆もいよいよ終盤戦に突入。執筆しながら「圧倒的に経験則が足りない」と気づいたますかたさんをサポートしてくれたのは、過去に占わせてもらったお客様でした。

#5を読む

#6 出版ギリギリになって気づく大切なこと

本のタイトルや発売日が決定し、出版まであとわずか。ますかたさんにとって“本を出版すること”の責任を実感するタイミングでもあったようです。

#6を読む

#7 校了前に起こった初めての衝突

原稿の最終修正をしていく中で起きた担当編集者との衝突。「本を良いものにする」ために、ますかたさんは“変化”します。

#7を読む

2021-12-30

この記事を読んだあなたにおすすめ

ますかたさんの占い本、どんな本?

【占い芸人ますかた一真の自分で占えるようになる西洋占星術の超入門】
「超初心者」が、自分で自分の出生ホロスコープを読めるようになる、西洋占星術の入門書!
あなたの物語の[登場人物]とその[相関図]を知ることによって、「持って生まれた性質や可能性が分かる」「生きづらさの原因が分かる」「占いで遊べるようになる」1冊です。
映画のシナリオのように、あなたの人生という物語を立体的に描いていきましょう。
Amazonで詳細を見る

著者プロフィール

ますかた一真(ますかた・かずま)

ますかた一真(ますかた・かずま)

占い芸人。2018年、株式会社ザッパラス主催の「占い芸人育成プロジェクト」で優勝。映画検定を持ち、運気を上げるラッキー映画をオススメする「映画占い」を考案。占い雑誌「マイカレンダー」(説話社)にてコラムを連載中。原宿の占い館「塔里木」にて対面鑑定中。

Share

記事をシェアする

guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

この連載の記事

Others

配信中の記事